Webデザイナーの求人サイト5選

スポンサーリンク
転職サイト紹介

Webデザイナーに転職するために大手求人サイト以外に、より専門的な求人サイトに登録することをお勧めします。

今回の記事では5つに絞って紹介するので、まだ登録していないサイトがあればとりあえず登録してみることをオススメします

おすすめ求人サイト

レバテックキャリア

レバテックキャリアはITエンジニア・デザイナー特化の転職求人サイトです。

良い点

使える言語、ツール、経験など細かく指定して求人検索ができるため、自分のスキルに合わせて効率的に求人情報を検索することができます。

自分の強みがわかっていない。。という方はテクニカルカウンセリングによって「あなたの強み」を探してくれるので、心配な方は相談すればスムーズに転職活動を進めていくことができると思います。

ここがちょっと。。

全くの未経験の方の求人はあまりありません。
少なくとも「俺は個人での開発経験がある!!」という状況でないと厳しいです。

その他

上の画像にもある通り、30秒で無料転職支援サービスに登録することが可能です。
ぱぱっとスキマ時間に登録するだけで情報がもらえるのが良いですね。

ちなみに、登録の時に氏名、生年月日、アドレス、今までの経験やポートフォリオの提出が求められるのですが、

メールアドレス入力時のスクショ

という感じで毎回褒めてくれるのが面白いです。
これはページ離脱に何か効果があるのかもしれませんね、実感はありませんでしたが。

レバテックキャリア

Geekout

良いところ

GeekOutはこだわり検索条件が豊富で、自分の望むワークスタイルが決まっている人は求人検索がしやすいと思います。

これはこだわり検索の画面ですが、「グローバルに活動」、「子育てに理解」などのよくみる条件から「椅子にこだわる」、「社長が現役or元エンジニア」などの個性的な条件があります。

「椅子にこだわる」のはエンジニアがパソコンに向かう時間が長いため腰を労ってのことでしょうし、「社長がエンジニア」という条件はエンジニアから見た社内の風通しの良さのことを考えての条件でしょう。

エンジニア目線での検索条件が設けられているのが非常に良いです。

ここがちょっと。。。

求人件数自体がちょっと少ない。

この記事作成時にWeb系エンジニアに絞ると2000件ちょっとでした。

転職会議エージェント

転職会議は株式会社リブセンス(Livesense Inc.)が運営する転職サイトです。求人情報に合わせて口コミが掲載されており、より生の声に近い形で情報を得ることができます。また、口コミを使った募集案件を検索できたりするなど口コミがウリの総合転職サイトです。

良いところ

そんな転職会議の派生サービスである転職会議エージェントはIT・WEB業界に強い転職エージェントです。

というのも運営しているリブセンス社内にエンジニア、クリエイターが多いためIT・WEB業界に理解があるからです。
求人情報もIT・WEB・ベンチャーを中心に揃えているのでIT業界に転職したい人はマストで登録すべきサービスです。

面談も電話で可能なので、手軽に登録とその後の打ち合わせができるのが魅力的ですね。

転職会議に登録する時の手順や、入力時に聞かれる質問事項などについてはこちらでまとめているので登録時の参考にしてください。

リクナビ NEXT

リクナビNEXTは株式会社リクルートホールディングスが展開する総合転職サイトです。
やはり大手なだけあり、リクナビNEXT限定求人が85%を占めているという特徴があります。それに加えてITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)関連の求人が多いためIT業界への転職希望の方はぜひ登録しておきたいですね。

そのため、希望の求人情報を見逃さないためにもぜひ登録しておきたい総合転職サイトの一つです。

良いところ

リクナビNEXTに登録することでリクナビエージェントにも登録が可能です。一度登録した内容を再度打たずにエージェントに登録できるので非常にオススメです。

リクナビNEXTの登録は職務経験などを入力する項目があり若干時間がかかるので注意が必要です。こちらの記事で詳しく入力内容などを載せているのでご自分で登録作業をする時に参考にしてみてください。

doda

doda(デューダ)はパーソルキャリアが展開する転職サイトです。

総合転職サイトという認識が強い方も多いと思いますが、dodaエンジニアというサービスもあります。

dodaの豊富な求人情報からIT系の非公開求人情報を紹介してくれるサービスになっています。

良いところ

上でも述べたように業務系アプリケーション、制御系、社内SEなど多岐にわたるITエンジニアの求人があります。

自分の転職できる可能性を判断してくれる合格診断というサービスがあり、現在の自分の市場価値を測るのにちょうど良いです。

dodaへの登録方法や登録時に聞かれる質問、特にチェックしておきたい項目などはこちらで紹介しているので、ぜひ確認してください。

まとめ

今回はWebデザイナーとして転職する際に必ず登録しておきたい転職サイトを紹介しました。

まだ未登録のサイトがあればぜひ登録しておきましょう!

タイトルとURLをコピーしました