web系転職は難しい?未経験者がはじめにやることは?

スポンサーリンク
スキル関連

こんにちは。

今回の記事のテーマは”web系エンジニアに転職する”です。

web系の転職は最近はやりのエンジニア転職の中でも華やかな部類に入るため、比較的人気のある転職先だと思います。

未経験者からの転職だと、勉強することが多そうでハードルが高そうという認識をされる方が多いかと思いますが、実際にはどうなのでしょうか?

この記事の対象者

  • web系への転職を考えているが、未経験で自信がない
  • ノマドに憧れてweb系を検討しているが何を勉強するといいのかわからない

と言う悩みを持っている方

webデザイナーというお仕事は何をするもの?

まずはwebデザイナーという仕事がどのようなものか確認していきましょう。

簡単に言うと、クライアント(企業や個人)から依頼されたwebページをデザインする仕事です。

そのため、単にデザインする能力だけではなく、 クライアントの実現したいことを聞き出し、 webページに実装するための知識が必要です(この処理は動的に動く?計算処理はサーバとクライアントどちらでする?など)

どんなスキルが必要なのか

大きく分けて二つのスキルが必要になります。

  • デザインスキル
  • プログラミングスキル    

前者は言わずもがなですが、後者についても一つの言語だけでなく複数の言語を体系的に理解し、扱うことができることが求められます。

プログラミングスキル  

HTML、css、Javascript、あたりの技術を知っていて使える必要があります。

自力でwebデザイナーになれるか?

率直に言えば、プログラミングスクールに通う必要があるかと言うと、こちらはやる気さえあればどちらでも大丈夫です。

未経験の方からすれば、

web業界で働いていたわけでもデザイナーでもないんだけど。。」  

という認識かと思いますが、理由があります。

市場価値が低下する可能性がある?

webデザイナーとしての市場価値としては実績があること、年齢で決まります。

実績について

webデザイナーの実績とは、自分がデザインしたサイトが世に出ていることを言います。 過去に作成したサイトがあると面接の際にアピールするポイントになります。

「未経験から初めて、自力で勉強して。。」という段階では、実績はないはずなので面接のためにポートフォリオサイトを作るなどして対策しておく必要があります。

年齢について

年齢が若いほど長期的な雇用が見込めるので、市場価値が高いと言う認識になります。IT業界に関しては技術の流行り廃れが激しく、3年も経つとガラッとスタンダードの技術が変わっていることも珍しくありません。

そういった点では若手で継続的に新しい技術をキャッチアップできる人材の方が市場価値が高いと言えるでしょう。

プログラミングスクールは実際どう?

プログラミングスクールに行く最大の利点は

  • 体系的にプログラムを学ぶことができる
  • 必須の知識、これからのトレンドの両方を効率的に学べる

という点です。

なぜ上記の二点が利点となるか述べていきます。

プログラミング学習のハードル

プログラミングに関するスクールはたくさんあります。
プログラミングと一口に言っても、”なんのためのプログラムを書くのか“という点で非常にたくさんの言語があります。

そのため、いざ始めようとすると「どの言語を勉強したら自分のやりたいことをできるのか」、「どの言語がトレンドなの?」、「どこから始めたらいいのかわからない」というような疑問が生まれ学習のハードルが上がってしまいます。

上記のような悩みを解決するために、プログラミングスクールを利用するのが非常に有効です。

おすすめ 学習プラットフォーム

1.テックアカデミー

こちらの特徴は「スピード感が非常に高い」ということです。最短で未経験から4ヶ月でプロとして活躍できるように仕上げるスクールになっています。
また、全てオンラインであると言うことも、転職活動で忙しい方からすると非常に有用な点だと言えるでしょう。

また、無料体験が豊富にあり、自分に合うかどうかを確かめることができます。
資金的に無駄づかいしたくない転職活動中でも気軽に試すことができる利点があります。

興味が湧いた方、自分に合うか無料体験だけでもしたい方は以下から申し込んでみてください。

TechAcademy [テックアカデミー]

2.Udemy

Udemyの特徴は非常に多彩な講座があることです。オンライン学習のサイトとしては世界最大級のサイトになっています。

自分の学習したいコンテンツをえらんで買うシステムになっており、一度買ったコンテンツは動画視聴期限はなく何度も見ることができるようになっています。

もともと英語でコンテンツが揃えられていたのですが、最近は日本語のサポートも充実しており、より学習しやすくなっております。

webデザイン関係の講座については以下から申し込んでみてください。
テックアカデミーと異なり最初の一回だけ無料なのでご注意ください。

Webデザイン入門オンライン講座

まとめ

今回の内容としては、webデザイナーに未経験からなることができるかということについてまとめました。 

前述の通り市場価値の観点から言えば独学でスキルを身につけても問題はないです。ただ、できればwebデザインに関する技術は専門学校やプログラミングスクールに通ってスキルを体系的に身につけるとよいでしょう。

その場合、ポートフォリオサイトを作ることで自分の現在のスキルを企業側にアピールすることができます。ポートフォリオの作成は上記サービスなど、無料で学習サイトがあるのでそちらを利用するのがシンプルだと思います。

タイトルとURLをコピーしました